セミナーコード:
seminar0230

エンジェリックセンス ~自分と徹底的に向き合い飛躍する~

料金(税込):
85,000
関連カテゴリ:
全てのセミナー
全てのセミナー > 開催予定のセミナー
スピリチュアルライフカレッジ
人数:



エンジェリックセンス
~自分と徹底的に向き合い飛躍する~

エネルギー的に共感体質の方、というのが存在します。
特定の場所に行くと疲れる、誰かと話すとその方の悲しみが分かりすぎて、一緒に胸が痛くなったり、極端な場合泣いてしまったり・・・という経験はありませんか?
この感覚はエンパシーといって、ほとんどの方が強弱の差はあれど持っているものです。
特に、日本人はこの感覚が強いようです。
ただ、あまりにもこの感覚が強いと、慢性的にエネルギー不足となり日常生活や仕事で支障をきたしてしまう場合があります。
このことは、自分と他人のエネルギーの境界線が曖昧になってしまっていることから起こります。
このコースは、そんなエンパシーが強い方が、その優しさを保ちながらも自分の保護をしっかりとし、優しさをより良い形で使っていける術をお伝えするコースです。

 


ワークのテーマ


*オーラの状態を自分で見ることができるようになる(他人から影響を受けやすい箇所の把握)
*自分のエンパシー(共感)能力タイプは何かを知る
*自分自身のエネルギーに対する感覚を知る
 例:何かを受け入れている時と拒絶している時の違い
*人と関わる際の安全な保護・対応策
(バウンダリング、グラウンディング、センタリングをする意味)
*エンパシー(共感)体質専用の保護シールドの使い方
*コードカットの方法
*自分の弱点(感情的なひっかかり)を知ることで保護力を付ける
 ※他人にエネルギーを与えてしまう原因は、本人やその相手により様々です。人に良く思われたい、特定の人が怖い・・そういったひっかかりをケースごとに見ていき、解消することで、必要以上にエネルギーを流出しないようにします。

 

 

セミナーはこんな方に向いています!



人からよく相談をされる、優しいと言われる、自分が辛くても相手の望むように合わせてしまう、そういった方は、自分のエネルギーを知らない間に相手に与えてしまっているかもしれません。
自分が元気な時はまだ良いですが、消耗しているときはやめたいと思いつつも、辛くても相手の望むようにしてしまっていませんか。
そこから変わりたい方、もしくは気づいていなくても、外出したり人と話すとなんだかいつも異常に疲れてしまう方、疑問に思った方全てに受けて頂けます。

セミナーを受けるとこうなれます!


場所や人のエネルギー影響を受けづらくなり、自分のエネルギー流出を減らしていきます。
また、相手ごとにエネルギーを流出させてしまう原因を見ていき、解消していくので、以降同じパターンの「明け渡し」が起きにくくなります。
これは自分を制限している思考や、相手の支配からの脱却でもあります。
自分のエネルギー状態を感じられるようになると、ダメージを受けた際の原因や、対処が分かり、日常生活がスムーズになります。

 


 セミナー概要

 


開催日
6月10日(土)、11日(日) 10:00-18:00
※2日間のセミナーです

開 場
開催15分前より

参加費
85,000円

講 師
KON AKEMI

会 場


スピリチュアルライフカレッジ
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-8-5 202
03-5957-7783
アクセスのご案内はこちら

お支払方法
お申込み後、お振込み先をご連絡いたします。


 

 


参加特典

「ドラゴンアイ」&「オーラレスキュー」エッセンスをプレゼント!

 

 

講師紹介

 

Seraphim(セラヒィーム)
KON AKEMI(こんあけみ)先生

人生を生きる上での重荷となるプログラムやブロックを取り除き魂の成長をスムーズにしていく魂のセラピー、共感能力の才能を理解し周囲のエネルギーにとらわれない生き方のコースも開催している。

■施術手法
●得意とする相談内容:
・人間関係(親子、夫婦、友人、上司、故人との関係)でなかなか解決しない問題がある
・憑依、場所、土地、動物、クリスタルなどの浄霊と残留思念の浄化
・思い悩んでいることがあるが、自分で動いても根本が解決しない
(アカシックリーディング)
・過去のトラウマに悩まされている(湧き上がる恐怖に駆られる、幼少期のトラウマ)
・特定の苦しみのパターンに悩む(ストーカー・隣人との対立etc)
・原因がわからない肉体の痛みや、実際の傷が無くても痛みの感覚がある(過去世の傷を修復、オーラの修復)
・言葉に出せず押し込めた感情の解放と癒し(チャクラに残る苦しみの感情の解放)
・エンパシー体質の方の、自身の保護とエネルギーの使い方を知る専用の特別講座「エンジェリックセンス」
・Seraphim Star Light(エネルギーチャージレメディ)
セッションを受けた後や、何かエネルギーを補給したいと思う時、心の後押しになるようなプラスのエネルギーを摂取できるレメディー(エネルギーを転写したアルコール)をご用意しています。
様々なシリーズがあり、今の自身の状態に合わせて必要なものをお選び頂けます。

●施術手法:
・ハートソウルクリアリング
・ディープソウルクリアリング(過去世退行・インナーチャイルド療法
※ディープソウルクリアリングは手法の都合上、対面のみとなります
・浄霊、場所や物の浄化
・チャクラヒーリング
・クリスタルヒーリング




お申込はこちらをクリック


お客様の声

私は、明美先生からセッションとエンジェリックセンスを一通り受けたことがあります。

まず一番初めに言いたいことは、内容がとにかく「濃い」です。個人的な感想としては、一般的に言うスピリチュアルというより(もちろんリーディングやクリアリングはエネルギーで行うのですが)、クリアリングをする際に出てくる感情と徹底的に向き合うことがメインとも言えると思います。恨み、嫉妬、怒り、悲しみ、自分が過去世でしたこと、されたことへの大きなショック…クリアリング自体は明美先生が行いますが、向き合うことはクライアントが自分で乗り越えなければなりません。逃げられない事実から目を背けずにどうやって向き合うのか、「人生を生きること」そのものです。そこに、世間に浸透している、癒しやキラキラしたイメージの「スピリチュアル」とは大きな差を感じます。
ただもちろん、自分で乗り越えるとは言っても、過去現在、乗り越えきれなかったからブロックがあり、セッションに来るのです。明美先生は、その感情と向き合うことに、とことんサポートしてくださいます。カビの根を洗剤で落とすだけでなく、出てきたカビの胞子をどのように対処したら良いのか、そこまで教えてくれるイメージです。
やることが深いので、セッション中泣いたり、怒りが噴出したり、自分でも辛くて逃げ出したくなることがあります。
でもそんな時は、その感情を味わい、出し切り、どうしたら良いのか聞いてみると良いと思います。明美先生が持つたくさんの過去世や、今世での数え切れない経験からアドバイスをしてくれます。「こんなイメージが出てくる」「こんな夢を見て以来気分が重い」自分でも常識から見たらおかしなことを言っている、でもどうしても頭から離れないことは、何かがあるからそうなっています。エネルギーとはそういうものだと、セッションを何回も受けるうちに痛感しています。

ディープクリアリングの例を挙げると、ドイツに行ったこともなく、何の関係も無いのに幼いころから「ヒトラーは嫌だ」と過剰に怖がり、反応していました。ある時明美先生と話していると話の流れでいきなり過去世が出てきて、自分がドイツ人でユダヤの方を密告せざるを得なかった経験があることに気付きました。興味深いのは、その時右手に疾患を持っていたようで、その過去世が出ている時、右手だけが痙攣して止まらないのです。その時はお婆さんだったようで、よくご高齢の方が片手が痙攣していることがありますが、その症状にそっくりでした。
自分に経験の無い過去世や感情は、イメージどころか、経験者からこうなんだよ、と話を聞いても「あ、そうなの?よく分かんないや〜」と何の感情も湧いてきません。
自分の内面がそのまま出てきて、それを真正面から見るのはかなりの作業です。でも、乗り越えられないと思っても、諦めずにとにかく取り組んでいくと、光を見いだす時が必ずやってきます。そして乗り越えて日常に戻ってみるとどうでしょう、外した分だけ、自分が味わいきったぶんだけ、昨日までの出口が無い地獄と思っていた出来事、パターンが、確実に変わっているのです。クリアリングで外せるものは、時間やその人の段階によって様々です。何回もかけて少しずつ外していくものもあります。でも、外れたブロックが消えると、川の流れをせき止めていた岩が無くなるのと同じで、ひとつ無くなる度に人生がそれだけスムーズになりました。


エンジェリックセンスは、自分を保護するスキルも学びますが、やはりこちらも自分の感情と向き合うことがメインです。どうしてあの人にはエネルギーを明け渡してしまうのか。自分の癖、相手との関係性により、原因は本当に様々です。例えば、同じように「怖いから」でも、何がどうして怖いのかが違うので、取り組むことも違うのです。私の例で言うと、職場の歴代上司が怒りを発すると怖くてエネルギーを明け渡していました。でも、相手が怒りを発していない場合は、どんなに相手が上の立場でも、全員を敵にしても冷静にハッキリと意見を言えるのです。コースを受けて内面を探るうち、「怖い」のは会社をクビになることや他人からどう思われるかではなく、人の「怒り」そのものが「怖い」から起こる現象だと分かりました。それは過去世の影響もあるし、幼いときの家庭環境で怒りを買うと自分が生きていけなかった名残でもあります。私には「怒りを発する人にエネルギーを明け渡す=生きるための対価」だったのです。この関係性が当てはまる方は少なくないと思いますが、ごく一例であり、何に弱点があって引っかかるかは、ケースによって全く違うのです。このように相手の数だけ自分のパターン、癖をひとつひとつ見ていくので、まる1日を2日間という、長い時間を必要とします。
どのセッション、セミナーでも、自分を見つめるだけ見つめた分、人生はスムーズになります。それは、過去世や今世で様々な相手、霊エネルギーが来てトラブルが起きたとしても、弱点があって反応して問題を起こしているのは自分だからなのだと思います。弱点は自分を責めるものではなく、その弱点をひとつずつでも乗り越えることで、人生に対する知識が増え、免疫ができ強くなっていきます。
世間には様々なスピリチュアルのコースが存在し、それぞれの良さがあると思います。でも、癒しだけで完治するものじゃなく自分の問題には何だかもっと深い原因がある気がする、トラブルのパターンを根本から解消したい、と感じる方には強くお勧めします。
明美先生のセッションやセミナーに全て共通するのは、過去世の悪夢にしろ、今世の同僚とのトラブルにしろ、霊障にしろ、「現象を通して自分を見つめ、知り、変えていく(=本来の姿に戻っていく)」ことだと思います。


お申込はこちらをクリック