セミナーコード:
seminar_smf07

第7回スピリチュアルメッセージフォーラムin東京

料金(税込):
5,000
関連カテゴリ:
全てのセミナー > 終了したセミナー
2015年12月5日(土) 「第7回スピリチュアルメッセージフォーラムin東京」開催いたします!
このセミナーは終了いたしました。

テーマ:「神の導く道とは?」
パネルディスカッション

ご参加のみなさまへ

私たちの生活は目にみえる三次元のなかだけでなく、みえないものの力によって支えられているという意識を持つ人も増え、シンクロニシティ(共時性)やお導きなどという言葉が日常性を持ちはじめました。
しかし、その時に起こりうる現象に重きが置かれ、そのシンクロシティやお導きによってもたらされた結果、つまり成果という形に焦点が合わされているのが実際のところです。
“みえないもの”を視る、“きこえない音”が聴こえた、という得意性に重点が置かれていることが多いのです。
 
現象にこだわり、それらをもたらしてくれた存在については、深く考えに至らずにいるのではないしょうか。
それら大きな力の存在をしっかりと認めていかなくては、せっかくの現象をもたらせ私たちに気づかせてくれている存在とのつながりは深まりません。

スピリチュアル界でも、つながって生きる、導きに身を任すことは言われ続けています。

しかし、何と繋がるのか、誰が導いてくれているのか?ということは誰も明確に結論付けてはこなかったのではないでしょうか。

大きな存在とは、私たちを創り出してこの世に送り出してくれた存在についてをわたしたちひとり一人がしっかり理解する時期が来ました。

神の実在について、そして、その神の導く道とは何か?

それは、私たちの人生にとって、重要なテーマです。

私たちの日常を支えてくれている存在を明確に理解し、実感できたならば、目にみえないものの存在、つまり“神の実在”を感じながら生きることができたならば、個々人の人生の生き方は、信頼の上に成り立ち、幸福の在り方もがらりと変わるのではないでしょうか?

自己実現、達成感、願望達成などの人間の欲を満たす幸福感は、神の実在、そして神の導く道を知ることで、それの在り方を変えていくことになるのではないでしょうか。




~パネルディスカッション~
「神の導く道とは?」

この度のパネルディスカッションのテーマは、『神の導く道とは?』
大阪にて開催しました第6回スピリチュアルメッセージフォーラムでは、「神の実在について」をテーマにディスカッションしていただきました。

それに続く第2弾としまして、私たちを導く存在、神の存在について、そして、さらに深く、その神が私たちを導く道についてディスカッションしていただきます。

このテーマは、私たちの人生の舵取りを大きく変えることになる重大なテーマです。
“人間の本来のあるべき姿”という言葉が、具体化して明確になる瞬間をどうぞお楽しみにしてください。



山川 紘矢 プロフィール
精神世界書の翻訳家の第一人者。
『ザ・シークレット』『ザ・パワー』『前世療法』『聖なる予言』『アルケミスト』など、多数のスピリチュアル書のベストセラーを日本に紹介。
世界60カ国以上を訪問した中で、霊性への気づきのためのさまざまな精神世界本を見つけ日本語に翻訳。
さらには、世界中のスピリチュアルなエネルギー溢れる場所を訪問し、さまざまな体験をしワークショップ等で公開している精神世界本翻訳の巨匠。

現在のスピリチュアル界があるのは、まだまだ見えない世界が全く信じてもらえなかった時代に、「スピリチュアル」という世界を拓き育てた
山川夫妻の功績は大きくスピリチュアル界のリーダーである。


中森 じゅあん プロフィール
日本算命学協会 代表
中国最古の星占い(鬼谷算命学・きこくさんめいがく)をマスターし、プロとしてのカウンセリングの経歴は20年を超える。
その精度の高さは定評で『anan』『クロワッサン』等有名雑誌で特集を組まれ全国的に活躍する。

著書は「中森じゅあんの算命学入門」をはじめとし多数。悩める現代人の導き手として多くの実績を残し、講演会執筆等でさらなる活躍の場を広げている。
心地よいテンポとユーモアのある語り口で、全国各地で開催するセミナーや出演する講演会は大好評となっており、“心の勉強”を軸に人々の魂の成長を促している。



第7回メッセンジャーのご発表をお楽しみください


第7回スピリチュアルメッセージフォーラムin東京


スピリチュアルメッセージフォーラムプログラム














当日受け取れるメッセージはこちら
丸山 牧夫

テーマ:「千年を聴く言葉」宇宙の生命体との交信
目には映らない存在「声なき声」との通信。   
彼らが必死で私たち人間に伝えたいことは何なのか、また、花や木との対話を通して伝わってくる平和でおだやかな感情のことなどを、みなさまにお伝えいたします。

[フリータイム] 植物たちとの会話についてお話ししたり、モビールで遊びましょう。


橋本 純也

テーマ:成功に必要なのは、「食いつくチカラ」だ!
タダで500万円のたいやき店を手に入れてしまった、めずらしい経験をした男が語る、夢の実現のしかた、人生成功のしかた。あなたの世界が変わる、最高のメッセージをお伝えいたします。

[フリータイム] たいやき社長との握手会。握手をしてなんでもお話ししましょう。


田村 熾鴻

テーマ:ダイヤモンドが導いた心の世界・ダイヤモン道
大嫌いだったダイヤモンドをやらざるを得なくなって始
めて1年4カ月後。完成した完璧なカットには、八本矢
印の一つの星が現れていた。エイトスターと名付けた。
途端に始まった七つの不思議。求めて開いた世界は、
見えない世界。劇的な人生のさわりだけお話しします。

[フリータイム] ダイヤモンド神界が選ぶダイヤモンドをブレッシング・オンリーワンと名付けました。たった1つ、あなたを守り導くダイヤのお話をいたしましょう。


名方 児玉彦

テーマ:導かれて進化していく神ながらの道
人生の底を経験した時に繋がった見えない力との出会い。導かれるままに私が歩んできた道の先で神様から療法の力を授けていただき、私の肉体、精神、そして魂が良くなっていきました。 そのお話をみなさまにお伝えいたします。


[フリータイム] 体調不良・病気・不運・悩み等トラブル内容と氏名・生年月日をお教えください。その場で改善されればラッキーですね。


小網 由妃子

テーマ:降りてきた歌 ~魂の根源~
突然「今の仕事を辞めないと次がこない」という感覚が。それを即行動に移し、辞めると宣言した二日後に降りてきたのは…。ふと舞い降りた感覚と得体のしれないもの。それらを信じることで新しい道が開いた経緯をお話しいたします。

[フリータイム] 宇宙語についてのご質問、またはプチ個人セッションをご希望の方に行います。


大村 真吾

テーマ:『声』の導きにより開いた世界
突然聞こえた「今の会社を辞めて新しい事を始めたほうが良い」という声に従って辞表を提出。約10カ月後には今の会社を始めることになりました。セドナのベルロックでの瞑想から始まった、声に導かれるままの私の半生をお伝えいたします。

[フリータイム] マンダラオラクルカードを使ったミニリーディングセッションを行います。



ミディアムシップ&サイキックアートのデモンストレーション

吉田きよみ
ミディアム/サイキック・アーティスト/スピリチュアル・ヒーラー/(社)日本スピリチュアリスト連盟・代表理事・公認ミディアム/英国SNU正会員

水野 宏美
ミディアム/スピリチュアル・ヒーラー/(社)日本スピリチュアリスト連盟・公認ミディアム/英国SNU正会員

日本とイギリスで、近代スピリチュアリズムの考え方に基づくミディアムシップ(霊界通信)を学んできた2人の女性ミディアム(霊媒)が、ミディアムシップのデモンストレーションと、霊の似顔絵を描くサイキックアートのデモンストレーションをお届けします。


ミディアムシップのデモンストレーションとは・・・

ミディアムシップとは“霊界通信”のことで、ミディアム(霊媒)が、自身の能力を使って、霊界にいらっしゃる方(亡くなられた方)とコンタクトを取り、その方であるというエビデンス(証拠)とメッセージをお伝えするものです。

ミディアムシップのデモンストレーションは、人が死んで肉体はなくなってもたましいの個性は存続する、つまり、霊と霊界が存在するということを証明することが主な目的です。
該当するお客様のことを何も知らないミディアムが、霊界とつながることによって、その方しか知りえない証拠やメッセージをお伝えし、霊と霊界の存在を証明しようと試みます。ご覧になっている他のお客様も、ミディアムが発信するエビデンス(証拠)と、該当するお客様とのやりとりに目が離せないことでしょう。
また、霊界から送られてくるメッセージには、会場にいらっしゃる皆様にも必要なメッセージが含まれていることが多く、感動を共にすることができるのではないかと思います。

イベントでは、まず、ミディアムが、ご来場のお客様の中からどなたかを対象に、その方にご縁のある霊界にいらっしゃる方との通信を築きます。そして、通信相手の霊界の方からエビデンス(証拠)を受け取ってお伝えします。この場合のエビデンスとは、性別や亡くなった年齢、その方との関係性(親族であれば続柄など)、死因、性格、職業や趣味、その方との共通の思い出などがあげられます。ミディアムは、それらを霊界から受け取り、どんどん伝えていきます。
お客様は、ミディアムが提示するエビデンスに対して「イエス、ノー、わからないまたは知らない」のような簡単なお返事をして、ご自身からミディアムに情報を与えることはしないでください。いくつかのエビデンスのやり取りの後、お客様がその方に間違いないと感じられたら、必要に応じてメッセージをお伝えします。
デモンストレーションは、個人的な相談の場ではありませんので、基本的にお客様のほうからのご質問にはお答えできかねます。
これまでの、日本の霊媒スタイルといえば、霊媒の身体に霊を乗りうつらせて(憑依させて)、霊媒は入神状態となり、その間意識が無かったりあるいは意識が薄れたりしながら、自分の身を危険にさらしながら通信をしていました。
しかし、イギリスのスタイルのミディアムシップは、ミディアムはふつうに会場のお客様と会話しながら、霊界ともつながって進行していきます。ですので、オカルティックな要素は一切ありません。
従来の日本の霊媒スタイルとは違う、霊界通信=ミディアムシップをどうぞご体験ください。


サイキックアートのデモンストレーションとは

皆様のなかには、ミディアム(霊媒)は、どのような姿で霊が見えているのだろう?と疑問に思われたことのある方もいらっしゃるのではと思います。サイキックアートとは、まさに、ミディアムが見ている霊の姿をその場で似顔絵に描いていくものです。

イベントでは、2人のミディアムがペアになって行います。
サイキックアートを描くミディアム(サイキック・アーティスト)が、まず、亡くなられた方とのコンタクトを確立し、どのお客様が該当するのかを見極めます。そして、似顔絵を描き始めます。
もう一人のミディアムは、同じ霊にコンタクトを取り、サイキックアートを描いている間に、より多くのエビデンスやメッセージを伝えていきます。
サイキックアートは、訓練されたサイキック・アーティストによって行われますので、10分程度で完成します。ですので、ご覧になっているお客様も、みるみるうちに完成していく絵に決して飽きることなくご覧いただけることでしょう。
描き上がった絵は、ご希望により、その方にプレゼントさせていただきます。

会場にはたくさんの方がいらっしゃいますので、全員の方にサイキックアートやミディアムシップの通信を届けることは不可能ですが、同じ会場にいらっしゃった方々にも共通する必要なメッセージや気づきといったものが含まれていることが多いようです。
ご自分が当たらなかったからといって、気持ちをそらしているより、共通の話題として受け止め、心をひとつにして楽しんでいただければと思います。



石笛演奏と講演

石笛とは、太古の昔、縄文時代もしくはそれ以上昔から日本に存在していた石でできた笛である。
人工的に作られるものではなく、二枚貝の1つであるニホ貝が作り上げる全く自然な楽器。
古語では“いはぶえ”と呼ばれ、遺跡からも出土している。

その、石笛が発する音は高次の周波数を発しており、ひとつひとつの細胞に響き渡ります。宇宙と地球の自然なるバイブレーションはチャクラを通じて、あなたのオーラと魂に浸透していきます。民族性や宗教性を越えた太古の音をお楽しみください。
音を通しての人々の魂への語りかけは、理屈を超えたすばらしい世界であり、当日は、その石笛の音の世界と横澤先生のお話もどうぞお楽しみに!



横澤 和也 プロフィール

長野県の安曇野出身。大阪芸術大学演奏学科フルート専攻を卒業。
昭和60年、奈良県奥吉野にある天河弁天社にて宮司に石笛を手渡され、演奏。その音色に魅せられ、すべてと調和する感覚を体験する。
西洋音楽から学んだ確かな音楽理論とテクニックに加え、日本人としての感性を生かした、独特の即興演奏スタイルは、民族や宗教を越えた命の響きとして好評を得ている。石笛を音楽的に表現し、魂の覚醒する響きを全世界に伝えている演奏家である。


石笛との出会い

フルート奏者だった横澤さんと石笛との出合いは、奈良の奥吉野にある天河弁才天を訪れたとき、そこの宮司に「音霊を神様に奉納して欲しい」と頼まれたことがきっかけだった。
何度か奉納演奏に訪れているうちに、ある日、神殿に祭ってあった石笛を宮司に手渡され、演奏するように言われる。  
初めて見る楽器を試し吹きしようとした横澤さんは、「石笛は神を呼ぶ。だから練習してはならない」という宮司の言葉に強烈な驚きを感じた。吹き方も音色もわからない石笛を前に、無我無心の境地で臨むしかなく、ただ丁寧に息を吸い、丁寧に息を吐くことだけに心を集中させることでその場と一体となり、すべてと調和する感覚を体験したという。


スピリチュアルメッセージフォーラム 開催概要
日 時 2015年12月5日(土) 10:00~17:30
会 場 日本教育会館 7階
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
主 催 スピリチュアルメッセージフォーラム実行委員会
協 賛 三楽舎プロダクション
入場料 前売り券4,500円 当日券5,000円
2人以上の同時お申込で、1枚4,000円にて販売しております
※懇親会は500円となります。

お申込はこちらをクリック 
チケットに限りがございますのでお早めにお申し込みください。



スピリチュアルビンゴ開催!!
豪華ペア旅行券やここでしか手に入らないスピリチュアルグッズをプレゼント

来場者全員に温泉旅行ペアチケット獲得のチャンス!
先生の直感で当選ナンバーが決定する『スピリチュアルビンゴ』で、ここでしか手に入らないスピリチュアリティーの高いプレゼントを受け取って下さい!
以下の賞品は一例です。

  • 【特賞】 ペア旅行券
  • ・スピリチュアルお菓子
    ・月明かり物語 ①②(書籍2冊)泉ウタマロ著(直筆サイン入り)
    ・石笛
    ・モビール

発表のお時間の間にございますフリータイムやお昼休みの時間に
ミニミニセッションや、各発表者とのお話しタイムを設けます。

~ そのときのエネルギーで何が飛び出すかは、こうご期待♪ ~



お申込はこちらをクリック 
チケットに限りがございますのでお早めにお申し込みください。



今私たちに必要なことは、自分を空っぽにしてみること。
あらゆる知識や成功法則、達成すべきことへの挑戦の気持ち…。
それら、これまで評価されてきたことが、実はわたしたちを閉じ込め、小さな枠のなかでの窮屈な人生にしてしまっていたことに気づいてきた人も多くいることでしょう。

では、自分を空にするとは、何をすればよいのか?
そうすることで、何が起きて来るのか?

その答えは、今回のスピリチュアルメッセージフォーラムのテーマ“神の導く道とは”の
なかにあります。
また、6名のご発表のみなさまのお話しのなかにも、その答えは出てくることでしょう。

神が私たち人間を創り出し地上に送りだしてくれたことを
私たちはすっかり忘れて人間という肉体のみに終始していることを
もう一度振り返る機会になります。

ミディアムシップデモンストレーションやサイキックアートでみえない存在を明確にし、

さらには、魂を響かせ、神と繋がる石笛演奏をお届けします。

12月5日は、あなたの来年の新たなるスタートの契機となることと思います。

あなたを導く神の存在を解き明かす大切なお話をぜひ、聴きにいらしてください。



スピリチュアルメッセージフォーラム 開催概要
日 時 2015年12月5日(土) 10:00~17:30
会 場 日本教育会館 7階
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
主 催 スピリチュアルメッセージフォーラム実行委員会
協 賛 三楽舎プロダクション
入場料 前売り券4,500円 当日券5,000円
2人以上の同時お申込で、1枚4,000円にて販売しております
※懇親会は500円となります。


お申込はこちらをクリック
チケットに限りがございますのでお早めにお申し込みください。