セミナーコード:
seminar0203

第3期 ミディアムシップゲートウェイ・ベーシック短期集中型コース

料金(税込):
128,000
関連カテゴリ:
全てのセミナー
全てのセミナー > 終了したセミナー
スピリチュアルライフカレッジ
仕事や家事などで6回は通えないという方に向けた短期集中型のコースです。
このセミナーは終了いたしました。


第3期 ミディアムシップゲートウェイ・ベーシック短期集中型コース

霊界との橋渡しであるミディアムとしての資質を磨き
英国のスピリチュアリズムによって育まれた
「証拠主義ミディアムシップ」を実践する上での基礎を作ります。

 

明るく大きく輝くオーラが育つことで、日常生活の中で必要な
霊的世界からのインスピレーションやシンクロニシティが受け取りやすくなり
あなた本来の生き方や、魂の導きによるライフワークに目覚めていくことができます。

 


開催日程
(全2回)


第1回 2016年 3月20日 (日) 10:00~19:00
第2回 2016年 3月21日 (月) 10:00~19:00

開 場
各日開催15分前より

参加費
128,000円

講 師
山影 青生 (やまかげ あおい)

会 場


スピリチュアルライフカレッジ
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-8-5 202
03-5957-7783
アクセスのご案内はこちら

お支払方法
お申込み後、お振込み先をご連絡いたします。
ご入金確認後、参加証をご郵送いたしますので、当日ご持参ください。



スピリチュアルライフカレッジ会場

レクチャーテーマ
・英国スピリチュアリズムの霊界観
・ミディアム(霊媒)とは? 
・証拠主義ミディアムシップとは? 
・実際の霊的コミュニケーションのイメージ
・霊界と地上の世界の関係
・ミディアムシップに協力してくれる霊的存在たち
(スピリットガイド、ゲートキーパー、パスファインダーなど)
・サイキック能力とスピリチュアルな能力
・トランス状態(変性意識状態)
・情報(インフォメーション)とメッセージ

 

 

エクササイズ

・スピリットブレンドの瞑想
・観察・内省のエクササイズ
・視覚力・直観力を磨くエクササイズ
・エナジーセンシング/エネルギーコントロール/セルフプロテクション
・サイコメトリ各種/オーラ・リーディング(オーリック・リーディング)
・サイキックリーディング各種
・初歩的なトランス・ライティング/トランス・スピーキング

 

 

この講座を受けることで
明るく大きく輝くオーラが育つことで、日常生活の中で自分や周囲の人たちに必要な霊的世界からのインスピレーションやシンクロニシティが受け取りやすくなり、ネガティブなエネルギーからも自然と守られるようになります。
サイキック能力やスピリチュアルな能力についての感性が開き、あなたを導いている高次の霊的存在たち(スピリットガイドなど)とのリンクも強まるため、あなた本来の生き方や、魂の導きによるライフワークに目覚めていくことができます。

 

 

講座の内容と位置づけ


ベーシックコースでは、亡くなったお身内や高次の霊的存在と交流する「ミディアム(霊媒)」としての資質を磨き、「証拠主義ミディアムシップ」を実践する上での基礎を作ります。
英国のスピリチュアリズムに基づく霊的世界についての知識や考え方を深め、霊的世界に対して心を開いていくために必要な霊的な感覚や姿勢をレクチャーとエクササイズを通して身に着けていきます。

霊的世界とコミュニケーションするミディアムシップの能力は、人間であればどなたでも育てることができる能力です。
歌をうたったり、絵を描いたりするのと同じように、そもそも人間には霊的世界とコミュニケーションするための萌芽が備わっています。
歌や絵が練習をすれば上手くなっていくのと同じように、霊的世界とのコミュニケーションも正しく練習をすれば上達していきます。

歌や絵の世界でも、趣味として楽しんでいる人もいれば、仕事としてお金をもらっている人もいます。その関わり方は多種多様ですが、霊的世界とのコミュニケーションも同じです。
霊的世界とのコミュニケーション自体が喜びや楽しみとなることもできますし、それを世のため人のために役立てることも出来ます。

ただ、霊的世界とコミュニケーションが歌や絵と少しちがうのは、地上の生活のすべてに役立てることが出来る「より根源的なもの」であるということです。
霊的世界とコミュニケーションから、歌や絵が生まれたり、世の中を良くするための発明やアイデアが生まれたりするということです。
どうぞ皆さんも、霊的世界とコミュニケーションする力を身につけてください。
そして、人間や世界の進化のために一役を担う存在となっていただけるのでしたら、それ以上にうれしいことはありません。

 

 

受講者インタビュー


 


 

 


 

 

 

 

ベーシックコースを受けられた方のアンケートをご紹介致します。

 


私はあまり無いチャンスだし、「なんだか面白そう~」というライトな気持ちでデモンストレーションに参加したのですが、山影先生が私のガイドさんから受け取ったというメッセージが、私しか知り得ない内容でかなり驚き、同時に守護霊の存在や霊界の存在を確信せざるを得なくなりました。山影先生が信頼できることを「ビビッ」と直感し、ベーシックコースを受けることにしました。
講座では、これまでスピリチュアルなことを意識したり勉強したことがない(占いすら興味が無い)私にとって全てが初めてのことだらけで、物質から持ち主の情報を読み取ろうというワークでは、正直「いきなりこんなこと出来るわけない」と思いつつ先生に教えてもらう通りにやってみたら、なんと出来てしまいました(笑) いままで超能力者じゃなきゃ出来ないと思っていたことが、楽器やスポーツと一緒で練習次第なんだと分かってしまった瞬間でした。それからはワークが楽しくて、自分の才能が徐々に開花していることも実感出来、日々の生活にも活かせるようになりました。
引き続き山影先生のもとで勉強と練習を積んで、私もミディアムシップが出来るようにアドバンスコースに臨みます!
(20代女性/R・W)

 

 


子供の頃から、人ごみが苦手で、外に出るとすぐに疲れてしまうタイプでした。人がそばにいると気分が悪くなったり、体が重くなったりして、自分は社会と関わることができないのではないかと悩んだこともありました。そんなとき、山影さんのセッションを受け、「オーラが広がっていて繊細だから大変ですよね。でもそれは、才能として生かすこともできるんですよ」と教えていただきました。自分も変わりたいと思い、講座に参加しました。参加するうちに、「顔つきが変わってきた」「元気そう」と、いろんな人から言われるようになりました。自分でも鏡を見て、密かに思っていたことでした。今では人ごみで疲れることもほとんどなくなり、素敵な出会いにも恵まれました。スピリチュアルな能力も、自分や身近な人たちのために少しずつ生かしています。
(匿名希望様)

 

 

 

実録映像



 


 

 

講師紹介

山影 青生 (やまかげ あおい)
ミディアム(霊媒) / スピリチュアル・ヒーラー / スピリット・アーティスト / 心霊研究家


20歳のとき、父の死をきっかけに「死後の世界」と向き合うようになり、日本や英国のスピリチュアルカレッジ、スピリチュアリスト協会を中心に、スピリチュアリズムやミディアムシップの勉強と経験を重ねる。
サイキック、ミディアミスティックな能力を目覚めさせる英国式エクササイズをメソッド化し、そこにダスカロスやルドルフ・シュタイナーの霊学研究から導かれた霊的叡智を骨組みとして加えることで、霊的能力と霊的成長(人間的進化)の両面をバランス良く育てることができる講座を提案している。
また、すべての人が迷うことなく「死後の世界」で生活をはじめることができるよう、迷う存在を増やすことのないよう、「死後の世界でどう生きたらいいか?」を伝える教育の大切さも提唱している。

詳細な講師紹介ページはこちらから

 

 

 




ご質問・お電話でのお申込み等はこちらで受け付けております。
電話:03-5957-7783
メール:hk@sanrakusha.jp
担当:上江(かみえ)まで

お申込はこちらをクリック