セミナーコード:
seminar0204

第2期 ミディアムシップゲートウェイ・アドバンスコース

料金(税込):
168,000
関連カテゴリ:
全てのセミナー
全てのセミナー > 終了したセミナー
スピリチュアルライフカレッジ

高次の感覚器官に働きかけ、着実な進歩を遂げてきたあなたに隠されていた
高次のスピリチュアルな世界が開示され、語りかけてきます。
見えない存在たちとのコミュニケーションをより確固としたものにして、
あなたは物質世界のため、人類の進歩のために
役立てる存在として活躍をはじめます

※ベーシックコースを修了された方のみ受講可能です




開催日程
2015年

第1回  7月26日 (日)  14:00~17:00
第2回  8月09日 (日)  14:00~17:00
第3回  8月23日 (日)  14:00~17:00
第4回  9月06日 (日)  14:00~17:00
第5回  9月13日 (日)  14:00~17:00
第6回  9月27日 (日)  14:00~17:00



【会 場】

スピリチュアルライフカレッジ
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-8-5 202
03-5957-7783

 


 

【レクチャーテーマ】


・ミディアムシップの心構え
・ミディアムシップの手順/ゲートと合図
・ミディアムシップの証拠主義とは?
・霊視のメッセージ、霊聴のメッセージ、アットワンメントのメッセージ

 

 

【エクササイズ】


・スピリットブレンドの瞑想
・観察・内省のエクササイズ
・クレアヴォヤンス/クレアオーディエンス/クレアセンティエンス
・スピリット・コミュニケーション/高度なスピリットブレンディング/トランス
・ミディアムシップの実践/シッティング/公開デモンストレーション



 

 


【この講座を受けるとどう変わるか?】


霊界へと旅立った先祖・身内・知人たちとコンタクトを取り、特徴を描写し、メッセージを伝えることができるミディアムシップの能力を開花します。あなた自身を導く霊的な存在(ガイド)たちとのリンクもより確かなものになり、霊的な存在たちと協力して働く力が身につきます。相談者を相手に行なうシッティング(スピリチュアル・カウンセリング)や公開デモンストレーションなどの実践により、人々の役に立てるミディアムとしての必要な要素が養われます。

 

 

【講師からのメッセージ】


アドバンスコースは特別な講座です。講座の時間と場所を、見えない世界の存在たちにお伝えして、あらかじめ準備をしてもらいます。ミディアムシップを深く学ぶためには、たとえ練習であったとしても、そこには見えない世界の存在たちの協力が不可欠です。あなたが参加するアドバンスコースは、特別に準備された空間なのです。少し気持ちを引き締めて、そして、楽しんでください。あなたがミディアムとして活躍できるよう、出来る限りのサポートをします。

 

 

受講者インタビュー


 


 

 

 

 

 

 

 




講師紹介

山影 青生 (やまかげ あおい)

 


ミディアム(霊媒)、スピリチュアル・ヒーラー、スピリット・アーティスト、心霊研究家。
20歳のとき、父の死をきっかけに「死後の世界」と向き合うようになり、日本や英国のスピリチュアルカレッジ、スピリチュアリスト協会を中心に、スピリチュアリズムやミディアムシップの勉強と経験を重ねる。
サイキック、ミディアミスティックな能力を目覚めさせる英国式エクササイズをメソッド化し、そこにダスカロスやルドルフ・シュタイナーの霊学研究から導かれた霊的叡智を骨組みとして加えることで、霊的能力と霊的成長(人間的進化)の両面をバランス良く育てることができる講座を提案している。
また、すべての人が迷うことなく「死後の世界」で生活をはじめることができるよう、迷う存在を増やすことのないよう、「死後の世界でどう生きたらいいか?」を伝える教育の大切さも提唱している。


詳細な講師紹介ページはこちらから



【講師からのメッセージ】


「自分には才能がない」と思っている人ほど、大きな力を秘めているものです。人間は誰もが霊的な存在であり、いつかは必ず霊的な感覚器官を発達させ、成長しなければならない存在です。今、この地上で霊的に成長しようと決意するのは、後につづく人たちを導き、目覚めさせる役割を担った魂です。もしあなたが「自分には才能がない」と感じているのでしたら、そのざわめきはあなたの大きな役割を予感して尻込みしているのかも知れません。さあ、今から一緒に、あなたの輝かしい人生の一歩を踏み出しましょう!


 





ご質問・お電話でのお申込み等はこちらで受け付けております。
電話:03-5957-7783
メール:hk@sanrakusha.jp
担当:上江(かみえ)まで

このセミナーは終了いたしました。