生死を超える神界のメビウス

生死を超える神界のメビウス
著者名:Mana
発売日:2020年9月10日
ページ:283ページ
判型:A5判
価格:2100円+税
ISBNコード:978-4-434-27916-4c0095



 

 

 好評発売中 

 

空(くう)の理論が量子力学との出会いによってたどり着いた、死を超える神界のメビウスとは?私たちを生かし続ける「死と再生」の神システムを解き明かします。

遥か昔、私たちには「死」というものが無く、文明による共通意識が死という現象を含め、色々なものを創り出していったのです。
生命存在のフィールドの中では、いつも沢山の光の粒々が波のように動き、砕け散っており、砕け散ったあとには、必ず強力な再編成(新生復活)が起こっていきます。それこそが死と再生というメビウスの営みです。このメビウスの営みによって、あなたの全ては常に変化しながら「永遠無限」に生存できていくのです。

そして、コロナ禍という前人未到の今、私達人類に突きつけられている「ゆるす」ということと「真のイノリ」について降りてきたメッセージを公開しています。最終章では究極の呼吸(神呼吸)についての一部を明かします。

目 次

はじめに


第1章 三次元の知覚世界で超えていくべきもの

プログラムとは何か
 
地上界での「肉体死のプログラム」
 
肉体は物質ではない
 
肉体・物質・現実は、固定していない
 
私たちを生かし続ける「死と再生」の神システム
 
なぜ生きる?
 
叡智の旅
 
虚空&ゼロポイント
 
スピリチュアルとは、虚空の意識活動のこと
 
私たちは、自分が信じるものを観る
 
「時」とは何か
 
生命の意志は「弥栄創造」
 
生命の光への敬意と祝福


第2章 お互いを祝い合う神秘の「交合システム」

魂とは? 神とは?
 
交合(和合)が魂の道􁻙
 
「まこと」とはイノリのこと
 
人生の全てを意のままにする力
 
生命の本質
 
光の柱


第3章 イノリの本質

魂の座から生きる
 
神界と現実界の往復
 
イノリの神髄は和合
 
何を「反復」するかで、全てが決まる
 
言霊の超深み
 
あなたの「音」と「声」
 
「コアの信念言葉」が現実を創る仕組み
 
言霊の変質低下
 
中今 


第4章 「死の恐れ」と常若の生命体

「生・死」「あの世・この世」に関する勘違い
 
「死の衝動」を超えるには
 
不老不死(常若)の証拠


第5章 あなたの人生に「神聖で美しい花」を咲かせる

参上り(真の参拝)
 
意識を小さく閉じ込めると「小我・自我」になる
 
自我という「偽の中心」の由来
 
自我は問題児ではない!
 
自我肥大化の三段階
 
憧れが、嫉妬心(ねたみ)に変わるとき
 
裁く心は、神の本質ではない
 
愛の抑圧が「恐れ」
 
飢餓感(不足感)


第6章  思考の分断がつくる不幸感

「真法」と「魔法」
 
死よりも恐い「MAXの恐れ」とは?
 
生命のグリッド(光の格子)
 
最古の傷と罪悪感


第7章  「ゆるす」ということ

神に成り代わって「赦し」を実行する
 
負のカルマの回収
 
「二つの旅」の統合
 
変容のために消えゆくもの
 
あがない(つぐない)をやめる!
 
喪失への恐れ
 
「感情体」をクリーンに戻す
 
あなたの意識は、空間場の中心をなす
 
どこらへんまで豊か? 未来永劫ですか?
 
ロビンフッドの矢


第8章  本当の現実とは弥栄の理想郷

感じるVS観じる(高機能エンパス)
 
生命力の方向付け(魂のレーザー化)
 
「意識の影響力」は常識を超える
 
生死を超える神界のメビウス
 
受けひ(中心の愛につながる)
 
「容認」と「結び付き」
 
「中心の愛」は恐れ・不信・疑惑を超える
 
金銭という偶像
 
意識の「タイムマシン機能」を使おう!
 
バタフライ・エフェクト(蝶の羽ばたき効果)
 
バーチャル・ドラマから出る
 
マナブ君のスピリチュアル物理学
 
「今」とのSEX
 
意識空間(無の空間)とは何か?
 

第9章  神の呼吸が無限の世界へとつながる

「無の空間」の超秘密
 
虚空の呼吸(宇宙初の呼吸)
 
万能の神呼吸
 
天の声・天の精神(失敗からは学べない)
 
「全体総合パッケージ」で授かる
 
古い直線時間軸(旧世界)からの脱出法
 
桜が教えてくれた「信頼」
 
生命力は、天井知らず
 
虚空には豊穣のデータしかない
 
「究極の覚醒」でなければ意味がない
 
イノリ(神々)は深い呼吸を通じて動く
 
瞑想の基本は「静」
 
日々、古きを閉じ、新しきを開く
 
神呼吸(光&闇)
 

おわりに……(非常に重要なこと)


鈴木俊輔 『御霊の法則』(徳間書店)、2011年
カミンスキ・パトリシア 『フラワーエッセンスレパートリー』(BABジャパン)、2001年
加津間広之 『古事記と言霊百神』(ヒカルランド)、2018年
千賀一生 タオ・コード(徳間書店)、2009年
※文中参考文献として以上が抜けておりましたので、ここに追記いたします。

Mana


著者プロフィール

Mana


魂透視チャネラー。Star・Heart(スターハート)主宰。福井県出身、名古屋市在住。大学では心理学と英文学を専攻。宇宙創造の中心であり、生命の源でもある虚空(ゼロポイント)を追求していくなかで、三度の覚醒体験が起こり、スピリチュアルと量子物理学との統合が起こる。その後、生と死の本当のシステム(仕組み)を解明する。生死を超えた存在が人類の本質であることを、セミナーや講座を通じて広く伝えており、『空セミナー』を始めとして数々のセミナーを開催し、その動員数は1万人以上にものぼる。「スターハート・ブログ」は、内容の濃さが定評で、多くの読者に喜ばれている、スピリチュアル界のリーダー的存在である。